ムコ多糖複合体(プロテオグリカン)バイオコーブン

ムコ多糖体を食事で摂取すると

ムコ多糖を多く含む食品として、牛・豚・鳥の軟骨、皮、内臓など、魚類からはウナギ、ドジョウ、スッポン、牡蠣、ナマコ、フカヒレ、イカ、マグロやカツオの目玉などがあります。
しかし、こうした食材を調理すると、高脂肪、高カロリー、高コレステロールに陥りやすく、日常の食事として摂り過ぎると、肥満や高血圧を引き起こしやすくなります。
残念ながら食事からはムコ多糖の必要量を獲り切れないのが実情です。
対して、ムコ多糖食品「バイオコーブン」は8粒で1770mgのムコ多糖体(ムコ多糖たんぱく質複合体)が含有されており、これはウナギ蒲焼に換算すると140g(鰻丼1杯分)に匹敵します。しかし、カロリーは9.3kcalと、低カロリーです。
「バイオコーブン」は超低カロリーで高ムコ多糖体と極めて合理的なムコ多糖サプリメントです。

食品名 通常1食当り ムコ多糖体の含有量
うなぎ 80g 168mg
フカヒレ(乾燥) 10g 249mg
鶏骨(生骨) 200g 147mg
カツオ(眼玉=1匹分) 17g 71mg
キンメダイ(眼玉=1匹分) 53g 140mg
ハマチ(眼玉=1匹分) 30g 80mg
※バイオコーブン ※8粒 ※1770mg以上

生化学工業株式会社の資料より(※は財団法人日本食品分析センターの分析結果より)

株式会社健蘇社

〒350-1123
埼玉県川越市脇田本町15-22ニューパレスビル5F
TEL:0120-455-576(フリーダイヤル)
受付:午前9時〜午後6時
会社情報